ゲーマー回顧録

雑食ゲーマーが色々語る

ゼノブレイド2【高レベルユニークモンスターをソロ攻略~ハナライズのすゝめ~】

はっきり言おう。今作のユニークモンスターは弱いというよりかプレイヤー側が強過ぎる。逆に言えば自分の好きなキャラクターで戦える自由度があるわけで、個人的には好きである。ならば次に待つは縛りプレイなのだがレベルの調整が出来ない(アルドランバスケのために上げてしまった)ので今回はソロでの挑戦。高レベルのユニークモンスターをあらかたソロ討伐したのでここに記録を残す。

サブタイトルの通り挑戦するのはトラハナコンビ。正直な所天の聖杯を超え最強と言って差し支えない二人である。ハナライズすればしただけ強くなり、ハナライズせずとも基礎スペックが非常に高い。一通りやってから気づいたのだがあまり縛りプレイになっていない気がする。もっとも、構成と準備さえきちんとしてしまえば恐らく誰でもいけるとは思うので、今回は筆者一番のお気に入りコンビで挑んだところに意味がある。

ではまず準備編から。なおクリティカルでないにせよ多少のネタバレを含むので注意。

 

装備やハナライズについて

RPGの戦闘の基本は何か。敵のHPを先に0にする事。ではそれを実現するに必要なのは

  1. 相手の火力より高い体力
  2. 相手の火力に追いつく回復力
  3. 相手の回復より高い火力

この3つである。今作の敵は回復を行わないため3が無視でき、必要なのは体力と回復力だけだと言える。トラは特に補正をかけずともHPがほぼカンストし、ハナJDは武器次第で高いクリティカル率を持つため会心回復で十分に回復できる。つまり今回のソロ討伐の基本方針は単純で、敵の攻撃を受け切り自前で回復し続け長期戦で倒す、である。ハナJDは火力と耐久を両立出来るため、普段はJDで戦い、危険な攻撃はJKの回避アーツかJSのガードで受け切る。JKで回避した場合はすぐJSにスイッチしJDのクールタイムを待つ。JSでガードした場合はそのままクールタイムを待機。これが基本サイクル。

以下で装備を見て行く。装備で気を付けたいのが、JDのスキルスロットの3つ目は効果が出ないバグがあるという事(*1/19のアップデートにてバグ解消されたので気にしなくてよい)。実質5か所のスキルスロットがあると考えればよい。

必須

トラ:アーツリキャスト効果を持つポーチアイテム、(アバンギャルドメダル)

ハナJD:ムーンマターチップ(アングライト)武器、(会心回復)、じゃんじゃんビーム(回復)、高ランクのタンクまたはドッジカスタム、敵に応じて反射無効

ハナJK:ばらばらミサイル(回避)、タンクまたはドッジカスタム

ハナJS:がちがちシールド(ガード)、ディラトンチップ武器、ガード率アップV、高ランクのタンクまたはドッジカスタム、ダメージヒール、ダメージ無効(吸収)シールド

アーツリキャストのポーチアイテムにより攻撃頻度を高め、結果として回復量を増やす。JDはクリティカル率の高い武器による会心回復とじゃんじゃんビームで回復し殴り合いをする。トラのアバンギャルドメダルかJDの会心回復かは手持ちのパーツやエネルギー上限と相談。高ランクのタンクまたはドッジカスタムでないと通常攻撃を受け切れない。筆者はドッジマスターを装備させていたので、恐らくタンクIV以上の防御力ならば足りる。また、反射を持つユニークが居るので反射無効は必須となる。JKは一部アーツの回避用なのでひとまず回避アーツさえあれば良いが、JSに関してはダメージを直で受けるため高めの防御力が欲しい。ディラトンチップ武器(サーペントの報酬)とガード率アップVでガード率93%になるので、ダメージ無効吸収シールドやダメージヒールと合わせて鉄壁となる。また、ダメージヒールを持たせる事で緊急時の防御が安定する。そして3人ともタンクないしドッジカスタムにすることでロール補正によるダメージカットを大きくする。

推奨

トラ:火力に繋がるアクセサリー、リバイブポッド

ハナJD:自属性のみでコンボ出来る属性コア、火力補強スキル、ACダメージ吸収、AC命中アップ

ハナJK:スイッチ短縮、敵に応じて反射無効

ハナJS:タンクカスタムマスター

火力に関しては時間がかかって面倒というそれだけなのだが、戦闘時間短縮は事故防止にもなる。JDは自属性のみでコンボできる方がいちいちスイッチして肝心な時にクールタイムという事故を避けられる(もっともこれも火力の話なので無視できる。あくまで推奨)。つまり火水闇光のいずれかだが、敵の反属性は極力避けたい。リバイブポッドを持たせると保険になるので、事故った時に萎えずに済む。普段殴り合いをするのはJDのためダメージ吸収があると安定感が増し、戦闘相手が格上のため命中アップをかけるとリキャストや回復がよく回る。JKは回避の要なのでスイッチが間に合わない事を防ぐためスイッチ短縮を持たせると良い。JSにもスイッチ短縮を持たせたいが恐らく枠がないだろう。タンクカスタムマスターが欲しくなるのはダン相手の時。ちなみに無くてもなんとかなる(筆者は手に入れられていない)。

では以下に討伐レポートを記す。

 

お品書き

  • 暴虐巨神獣クロダイル(lv130):テンペランティア
  • 桜花一刀流のダン(lv100):モルスの断崖
  • サーペントデバイス(lv117):モルスの断崖
  • 第七世代のアレイスター(lv114):世界樹
  • 逃亡戦士ダークロッド(lv120):廃工場
  • 悪魔王ベント(lv109):テンペランティア
  • 雲海大王コロッサル(lv110):ルクスリア
  • 悪臭獣ベンハー(lv104):グーラ

筆者がまだ出会っていないユニーク(いるかわからないが)を除いてlv100超え全員のはず。他に100超えがいたら教えて欲しい。正直下3体はおまけ。

 

討伐レポート

暴虐巨神獣クロダイ

最強…のはずなのだがそうでもない。ただしそれは3人で討伐する際の話で、ソロになると即死が文字通り即死になるため対策必須になる。

殺人光線と超殲滅光弾(?)に即死が付与されているため、これら2つをタイミングよくチェインアタック発動か必殺技IVで回避する必要がある。タイミングが悪いとダメージを無効化しても即死のデバフはつくので注意。なお即死がデバフ扱いのためAC弱体回復でなんとかなり(以心伝心も付けるとなおよい)、運のステータスにより(トラは高い)単純にレジストもできる。突進攻撃でライジングするため可能ならば回避アーツでかわしたい。ただしその後後方に立たないようにしないと後方攻撃で即死する。とにかく即死デバフさえなんとかすればどうとでもなる。どうも怒りにHP以外の条件があるのか(推測では属性玉の数?)討伐終了まで属性が変化しなかった。謎である。ちなみにこのソロ戦が初の討伐であり、ゲーム全体で最後に回した高レベルユニークモンスターだったりする。そしてソロ討伐の一番手もこいつ。

f:id:Lilysteve:20180110225544j:plain

桜花一刀流のダン

すごく粋な恰好をしてそうだけど汎用グラの刀ドライバー。しかしその実今作最強と言っても過言ではない。さすがホムスの英雄(?)。

まず火力が高い。アーツのリキャストもやたら早い。そして回避アーツを持ち、更には怒りで一定時間完全回避状態(めいきょおおおしすいいいいい)になり、加えて通常の刀ユニークとは異なるアーツも使う。ダメ押しで素の回避率も高いため、こちらの器用さにも補正をかけないと会心回復が間に合わなくなる。刃咬みによるブレイクダウンと通常攻撃のライジングが致命的なので、ブレイク抵抗は必須(ダウン抵抗もありだが出来ればフュージョンコンボを避けたい)。怒りに複数回突入し、その度に属性が変わるので属性吸収は期待できず、ダメージ無効が活躍する。気を付けたいのが必殺技で、特にソードマグナムは何らかの特攻が入り(恐らくヘイト特攻のため確実に発生)、防御力にもよるが7000オーバーは持っていかれるので確実に回避したい。フュージョンコンボが成立すると10000を超え即死の危険もある。また、怒り後の真白刃返しは回避+反射のため反射無効は必須。真朧月夜は自身を中心にダメージ床を生成するが遠ざかれば床を離れて来てくれるので、味方が勝手に突っ込まない分ソロ討伐においてはむしろ楽。とにかく総合的に火力が高いのでそこをどうしのぐかが肝である。

f:id:Lilysteve:20180110232055j:plain

 サーペントデバイス

体力が高くて面倒。以前チェインアタックで計測した結果から1000万以上は確実。属性は闇だが実際受ける側はアーツによって違う。危険なのはウロボロスなんとかとなんとかビームの二つだが、どちらも闇属性なのでJSで闇属性吸収をすれば無傷で済む。もちろんJK、チェイン、必殺技IVなどで回避してもよい。ウロボロスなんとかはガードかリフレクションが発生すれば一応素でも受けられる。そしてダンに続き反射持ちの一体。ダン程超反応で出しては来ないが迷わず反射無効を積むべし。また、戦闘は階段を下りた所で行わないとブローで落下死する。こいつはやり直しなしで済んだので多分弱い。

f:id:Lilysteve:20180110232948j:plain

 第七世代のアレイスター

地味ながらに複数戦のため事故率は高い。とにかく最速で増援封印を付けないとひたすらバイクに転倒させられて死ぬ。どの順番で倒すかは悩みどころだが転倒が怖いバイクを先に落とし、次にロイヤル。ロイヤルはサイコシールドで吸収、バスターで放出という疑似的な反射をしてくるので回避したい。最後に残ったアレイスターは増援封印を解かないようにじっくり調理…したのだが増援封印を付けるべきはロイヤルだけだった気がしている(アレイスターが増援したかいまいち覚えていない)。むしろブレイド封鎖が面倒。アレイスター単騎でも火力はそこそこあるので常にHPは高く保ちたい。下の画像は今回撮れた中で一番のお気に入り。ハナは必殺技IVの後モードによって違う決めポーズを取り、ここではJDの小さいガッツポーズが綺麗に写っている(剣が貫通しているが…)。

f:id:Lilysteve:20180110233913j:plain

逃亡戦士ダークロッド

可愛い見た目で実は辛かった。ブローで落とせれば早かったのだがうまく飛ばず結局長期戦に。会心回復を基本戦略としているため、ひたすら回避して通常攻撃によりダウンを入れてくるこいつとは一番相性が悪い。まずダウン抵抗は必須、回避率も高いので昼間ないし夜間命中アップも要る。怒り後は闇属性なので闇属性吸収があればなんとかなる…と思っていたらマスターアーツは闇属性でない模様。ダウン状態でくらうとライジングするのでほぼ死が確定する。定期的に怒りに突入し、その都度一定時間完全回避状態になる上スパイクも持っているのでジリ貧になりがち。火力で飛ばせないとこんなに面倒だとは思いもしなかった。

f:id:Lilysteve:20180110235042j:plain

 悪魔王ベント

ここまでの奴らが倒せてこいつを倒せない訳がない。特筆事項無し。一応申し訳程度のダウンライジングは持っている。ソロ討伐の画像を載せても面白みがないので80代で普通に討伐した画像を。

f:id:Lilysteve:20180110235646j:plain

 雲海大王コロッサス

100超えユニークの登竜門もとい恥晒し。範囲攻撃でブローを連発するあれだけは痛いがそれだけ。せっかくなのでこちらも70後半で普通に討伐した画像を。

f:id:Lilysteve:20180110235903j:plain

 悪臭獣ベンハー

 一応lv100超えなので討伐しておいた。増援封印を付けて終わり。画像省略。ちなみにこの増援はlv100超えの非ユニークという珍しいモンスターだったりする。

 

まとめ

ハナはかわいい。普段周りがうるさいだけにじっくりボイスを聞きモーションを眺めるいい機会であった。戦闘中ボイスで好きなのはJDの必殺技後の「褒めてくれてもいいんですも?」である。また、JSにスイッチした時の「じゃじゃーん」もなかなか良いものである。JKの「ガチ燃え(萌え?)ですも~」も燃え(萌え)る。

 

…ハナライズのすゝめと書いておきながらその辺に触れていないので少し。タイガータイガーをひたすらやれとしか言いようがないのだが、実際やらなくても十分強い。JDは耐久と火力を両立できる数少ないブレイドだし、JKも回避持ちに一番欲しいスイッチ短縮をキズナリングで持つ。JSは言わずもがな。タイガータイガーをやればそこから更に伸びるのだから恐るべし人工ブレイド。ロールCPUのマスター系はステージ5でしか確認出来ていない(実は他でも手に入るのかもしれないが)のでそこだけ注意。タイガータイガーを極めたら後は自由にハナライズ。JDは火力、JKJSは防御寄りが一般的だと思うが、SP回復系でヒーラー運用が出来なくもないかもしれない(もっともヒーラーが要るかと言われればそこは…)。

ソロ討伐を一通りやって思うのは今作の戦闘の面白さというか自由さというか。これが必須!という状況が少ないのでとにかく好きなブレイドで遊べるのは楽しい。

今回は耐久の方針で行ったが、信頼度やらダメージ増加系を極めると普通にカンストダメージを叩き出せるらしいので、そっちでもやってみたいところではある。最初はコンボの強さに気付き、中盤でチェイン最強だとなった後、最終的にはチェインも何も要らなかったという地点にたどり着くのは何とも言えない。

二週目ではレベル調整機能が欲しいがどうだろうか。

 

4/2追記

今更感ある追記だが、二週目でレベルダウン機能が追加された。

そして、その下げたレベルによる経験値でハナライズに必要なエーテル結晶が交換できるようになったので、タイガータイガーが面倒でハナの育成をしていなかった人もぜひトライしてはいかがだろうか。

雑記

キズナリング埋めに飽きたのでソロ討伐をやってみたら案外上手く行き、結局高レベルユニークを全部倒してしまった。ナナコオリフラジオレットはそろそろ終わりそう。コントローラーが不調なのでDLCまで一時休止の予定。休止中にいい加減別ゲーの記事でも書くつもり。

完全に余談だが事象変移クッキングというワードが頭から離れない。一体何が出来上がるんだ…。